日本薬局方 消毒用エタノール

日本薬局方収載の消毒用エタノール

カテゴリー
  • OTC医薬品
  • 消毒関連
効能・効果

手指、皮ふ及び傷の消毒

用法・用量

本品を脱脂綿、ガーゼ等に浸して、患部に軽く塗布してください


    <用法・用量に関連する注意>
  • 外用にのみ使用し、内服しないでください。

  • 目に入らないように注意してください。万一目に入った場合は、すぐに水またはぬるま湯で洗い流し、直ちに眼科医の診察を受けてください。

  • 小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとで使用させてください。

  • 局所刺激作用があるので、軽く塗るだけにとどめ、脱脂綿、ガーゼ等に浸して患部に貼付しないでください。

  • 過度または同一部位に反復使用した場合には、脱脂等による皮膚荒れを起こすことがあるので注意してください。

組成・性状

本品は、15℃でエタノール76.9~81.4vol%を含みます。(比重による)

保管及び取扱い上の注意


  • 直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。

  • 小児の手の届かない所に保管してください。

  • 引火性、爆発性があるので火気には近づけないでください。

  • 使用中は充分に換気を行ってください。

  • 誤用を避け品質を保持するため、他の容器には入れ替えないでください。

  • 衣類、金属類、合成樹脂製品、合成ゴム製品、フローリング床や家具等に付着すると変色や劣化することがあるので注意してください。

  • 使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。
使用上の注意


してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなります)

◆次の部位に使用しないでください
1.目や目の周囲、粘膜(口、唇など)

相談すること

◆次の人は使用前に医師、薬剤師または登録販売者の相談してください
1.医師の治療を受けている人
2.本人または家族がアレルギー体質の人
3.薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人
4.患部が広範囲の人
5.深い傷やひどいやけどの人
◆次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この製品をもって医師、薬剤師または登録販売者に相談してください
1.使用後、皮ふに発疹・発赤、かゆみ、はれ、灼熱感の症状があらわれた場合

製品から探す